【原価提供】新品 高知城(1/500)山内一豊築城 日本の名城プラモデル 屋根ゴールドメッキ豪華版(期間限定セール)

● スケール:1/500
● 完成時サイズ:長さ175×幅115×高さ90mm
● 箱サイズ:330×190×47mm

日本の名城プラモデルシリーズ高知城(ゴールドメッキ豪華版)です。屋根部分をゴールドにした豪華版プラモデル。関ヶ原の戦い後に掛川城から移った山内一豊が築城した高知城。

普段の姿とは違った豪華な雰囲気が楽しめるプラモデルです。ご自身のお気に入りのお城を是非製作してみて下さい。

【時代背景】
関ヶ原の戦いの功績により徳川家康から土佐一国を拝領した山内一豊は、長宗我部元親・盛親が居城としていた浦戸城に取りあえず入城する。しかし、慶長6年(1601年)に大高坂山に新たな城の築城を始め、慶長8年(1603年)に本丸と二ノ丸が完成し、浦戸城から移りました。

土佐国は長宗我部元親・盛親の領地だったため掛川からの移封後は国を治めることに苦心した。元長宗我部氏の旧臣を郷士とし、掛川から連れてきた山内家の家臣を上士とし、厳しい身分制度を設けた。

ちなみに幕末に活躍した土佐の多くの者が郷士出身である。一例をあげると、坂本龍馬、中岡慎太郎、田中光顕、岩崎弥太郎などが有名である。龍馬や慎太郎の考えに賛同し幕末後期に活躍したのが上士出身の板垣退助や後藤象二郎らがあげられる。龍馬が京都で暗殺さえされなければ、明治初期の土佐出身者の立身も違ってきたことだろう。

¥ 1,60038%OFF ¥ 992

*Tax included.

*700JPY will be added per order as a shipping fee.

Report

Reviews of this shop